鞘翅目

2011年8月19日 (金)

ゾウムシ上科の一種

Zou
(2011/08/19 10:33撮影 くもり 東京都日野市)


庭のイヌタデの葉をかじっていました。
タデノクチブトサルゾウムシかなと思いますが、採集しようとカメラをどかしたら居なくなっていました。
また探してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハナムグリ亜科の一種

Siroten
(2011/08/19 10:04撮影 くもり 東京都日野市)

庭の地面の雑草に乗っていました。左前翅が割れていますね。鳥に襲われたんでしょうか。

シロテンハナムグリかと思いますが、類似種との同定ポイントがウェブ上では斑紋しか見つかりませんでした。
ここではハナムグリ亜科の一種としておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロコブゾウムシ

Sirokobu
(2011/07/28 19:53撮影 東京都日野市)

シロコブゾウムシEpisomus turritusだと思います。
子どもの頃、ゾウムシといえばシロコブ、オジロアシナガ、コフキのクズ産3種でした。

近所の団地の植え込みで伸びていたクズに居ました。
採集は7/28の早朝、5時ころだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コクワガタ

引き続き近所シリーズです

Kokuwa
(2011/07/28 19:47撮影 東京都日野市)

近所の雑木林で採って来ました。
♀ 7/26早朝
♂ 7/27昼間
の採集です。

♂48mm ♀28mm です。

♀の同定はちょっと怪しいですが多分あってると思います。
市内では他にスジクワガタ(コクワと同所的に見られる)とヒラタクワガタ(♀のみ)は確認しています。
あまり山深く入ったり、河原の木を探したりしていないので、ちゃんと探さないといけませんね。

そういえばカブトムシも多くいますが写真をまったく撮っていないことに気がついた・・。
夜明け頃採集にいくと暗くて撮影できない、かといって日中はスズメバチが怖いんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノコギリクワガタ

Nokogiri
(2011/07/28 07:13撮影 東京都日野市)

7/28早朝4時頃、近所の雑木林で取ってきました。
当ブログ初の庭以外からの記事になります。

幹を下りてくる♀を発見し、見上げると高い位置に♂がとまっていました。
見た限りでは樹液の出ている場所はなさそうな木だったのですが・・・

ノコギリクワガタのペアです。
大歯型(といっても小さめですが)は市内では初めて採りました。
適当な計測ですが♂58mm ♀32mmです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

ハナノミ科の一種

Hananomi02
(2011/07/25 08:02撮影 晴れ 東京都日野市)

自宅から道路を挟んで2軒ほど離れたところに、諸事情でうちが所有する空き家があります。
そちらの庭を、旧所有者のイニシャルをとってM宅と呼ぼうと思います。
生垣はヒイラギとキンモクセイで、バラが多く自宅とは少し違った環境です。庭面積は自宅より狭い。

これはM宅の庭のシャラ(ナツツバキ)の葉にいたハナノミ。

クロハナノミかと思うが多分にもれず断定できるものではないのでハナノミ科の一種としておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トビハムシ亜科の一種

Hamusi0301
(2011/07/24 15:30撮影 晴れ 東京都日野市)

門のわきの小さなトウネズミモチに大量にいます。
去年も今年も小さな丸い食痕があり、何かと思っていたらこいつのようです。
非常に小さく、目視で2mmほど。
さかんに交尾しています。産卵や幼虫は未確認。

ヨモギトビハムシかなぁと思いますが確定に至らないのでトビハムシ亜科の一種としておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スグリゾウムシ

Zoumu0101
(2011/07/25 10:24撮影 晴れ 東京都日野市)

Zoumu0102
(2011/07/25 10:25撮影 晴れ 東京都日野市)

スグリゾウムシだと思います。
敷地上我が家ではありますが、歩道脇に生えているムクゲに集まってきています。
恐らく探せば他の植物にもいるんじゃないかと思いますが。

今回は採集して屋内で撮影しました。採集時刻は撮影の5分前くらいだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アオドウガネ

Aodougane
(2011/07/25 05:10撮影 晴れ 東京都日野市)

早朝起きて虫を探していたら、なにやらパリパリと音が・・・
何かと思ったら、アオドウガネが集団でツタの葉をかじっていました。
なぜか新芽ではなく、古くて硬い葉ばかりを食べていました。

今年は周辺をあるくと何処に行ってもこれがいます。
元々南方系の種だったのが、北方へ進出しているようです。
近縁種を駆逐しているという話も聞きます。

類似種にヤマトアオドウガネ Anomala japonica Arrowというのがいるようですが、写真の個体はの翅鞘側縁の盛り上がりが後方湾曲部まで続いているため、アオドウガネAnomala albopilosa Hope ということでよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

鞘翅目の一種 (2種掲載 その2)

Zoumusi0101
(2011/07/23 10:32撮影 晴れ 東京都日野市)


Zoumusi0201
(2011/07/23 10:40撮影 晴れ 東京都日野市)

こちらも画像不鮮明につき2枚セットでお送りします。メモ程度です。
どちらも庭で撮影しました。


上の画像は庭の地面で撮ったものです。落ち葉のなかでじっとしていました。
ゾウムシ類だと思いますが絵合わせで種まではわかりませんでした。
よく似た種はあるのですが斑紋が微妙に違うのです。個体差が激ししいのかもしれませんが。

この個体は、地面にいたアリではない何か(アリバチ?クモ?)を追いかけていたときに見つけたものです。
そちらの生き物は足が速く立ち止まらないので、結局撮れず仕舞いでした。

下の画像は庭のクリの木の横のベニカナメモチでした にいたものです。
これもゾウムシ類だと思います。上の個体とは体型も模様も違いますね。
スグリゾウムシが近そうですがもっと大きかったような。気のせいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)