« 鞘翅目の一種 (2種掲載 その2) | トップページ | 双翅目の一種 »

2011年7月25日 (月)

ヒョウタンカスミカメ族の一種

Nazo0101
(2011/07/23 10:43撮影 晴れ 東京都日野市)

クリの枝上を歩いていました。
速度が速く、立ち止まらないため、ピントがある程度あっているのはこれだけでした。
肉眼だと、アブラムシに多く集まってくるアリとほとんど区別できないかんじでした。

撮影時には目すら予想できず、
これはちょっとお手上げかと思っていたら、web検索でかなり細かいところまで落ちました。
背面の画像はかなりぼけたもので、しかも前方斜め上からのものしかないので掲載していません。
カスミカメムシ科チビカスミカメ亜科ヒョウタンカスミカメ族に属するものと思います。
日本産ヒョウタンカスミカメ族の図説検索を参照すると
ヒョウタンカスミカメ P. setulosus Horváth が一番近いようです。
半翅鞘の光沢や鱗毛は画像からは分からないので、予想でしかありません。

|

« 鞘翅目の一種 (2種掲載 その2) | トップページ | 双翅目の一種 »

半翅目」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒョウタンカスミカメ族の一種:

« 鞘翅目の一種 (2種掲載 その2) | トップページ | 双翅目の一種 »